TOPLINK
カウンセリングご希望の方
当機関について
個人・家族向け
企業・地域社会向け
予約からの流れと料金
スタッフ紹介
専門家向けワークショップ
認知療法・認知行動療法とは
ストレスマネージメントとは
教育研究活動
アクセス
研究協力のお願い
スキーマ療法セラピスト養成プログラム

「慢性うつ病への電話モニタリングとスキーマ療法の費用対効果に関する無作為化比較試験」研究協力のお願い

当オフィスでは、「慢性うつ病への電話モニタリングとスキーマ療法の費用対効果に関する無作為化比較試験」を実施しており、 研究にご参加いただける患者様を募集しております。ご参加いただける方には、臨床心理学の専門家(経験のある臨床心理士)に よる心理学的サービスを2年間、無料で受けていただくことができます。

   目次
    1.研究の概要
    2.参加者の適格基準
      【選択基準】
      【除外基準】
    3.参加条件
      【両群(電話モニタリング群・スキーマ療法群)共通】
      【電話モニタリング群 に割り当てられた場合】
      【スキーマ療法群 に割り当てられた場合】
    4.ご参加までの流れ
      【参加希望の方へ】
      【医療機関の方へ】
    5.お問い合わせ・連絡先

イラスト1

1.研究の概要
  当オフィスでは、慢性うつ病の女性を対象として、「電話モニタリング」と「スキーマ療法」の2つのアプローチのうち、 どちらのコストパフォーマンスが優れているのかを調べる研究をしています(どちらのグループになるかはランダムに振 り分けられるため、どちらになるかはご自身では決められません)。ご参加の場合は、どちらのグループであっても2年間 続けていただくことになり、全部で27,000円相当の謝礼が出ます。
※「電話モニタリング」とは、自宅にいながらにして、短時間、臨床心理士と電話で話をするというものです。 「スキーマ療法」とは“生きづらさ”に焦点を当て、自己理解を深め、自分助けの方法を身につけるカウンセリングのことです。

2.参加者の適格基準(ご参加いただける基準といただけない基準について)
 【選択基準】(以下に該当する方々にはご参加いただくことができます)
   □40歳から65歳の女性である
   □うつ病あるいは気分変調性障害である
   □うつ病あるいは気分変調性障害により,これまで3年以上の精神科治療を続けている(他院含む)
 【除外基準】(以下に該当する方々にはご参加いただくことができません)
   □統合失調症、双極性障害、知的障害、神経認知障害、物質関連障害である
   □登録日の30日以内に精神科入院治療をしている
    (「登録日の30日以内」とは、厳密に言うと、アセスメント面接日の翌日のことにな
      りますが、大雑把に言えば、現時点からさかのぼって約1か月以内に精神科で入院治療
      を受けておられる方は、研究にご参加いただくことができない、ということです)
   □2年間の研究参加が困難である
※上記に記載されていない疾患や障害(例:パニック障害、摂食障害、発達障害、パーソナリティ障害など)が うつ病に併存している場合にも、ご参加いただくことができます。

研究対象は、3年以上うつ病の治療を続けておられる40〜65歳の女性となりますが、現在の診断が「うつ病(あるいはそれに類する診断)」 であれば過去の診断は問いません。また現在かかられている医療機関だけでなくトータルの治療期間が3年を超えていればお申込みいただけます。 参加者様には現在の医療機関での治療(医師による診療、投薬治療、およびコメディカルによるカウンセリングなど)をこれまで通り続け ていただきながら、当研究に参加していただくことになります。

3.参加条件
 【両群(電話モニタリング群・スキーマ療法群)共通】
   ■医療機関にかかられており、主治医の了解が得られていること(お送りする資料の中に、
    主治医に書いていただく必要のある書類がございます)。
   ■2年間研究にご参加いただける状態であること。
   ■祝日を除く月曜日の午前中に初回アセスメント面接にお越しいただくことが可能であること。
   ■その後半年に1度のアセスメント面接または電話アセスメントをお受けいただくことが可能であること。
   ■どちらの群に割り当てられても、平日(火〜金曜日)の日中にご対応いただくことが可能であること。
   ■お越しいただく際の交通費は自己負担となることを了解いただけること。

 【電話モニタリング群 に割り当てられた場合】
   ■平日(火〜金曜日)の日中の時間で、4週に1度、1回10分程度、電話でのやりとりが可能であること。

 【スキーマ療法群 に割り当てられた場合】
   ■主に平日(火〜金曜日)の午前中に、2週に1度、1回45〜50分のカウンセリングを受けることが可能であること。

4.ご参加までの流れ
 【参加希望の方へ】
   ■研究への参加をご検討いただける場合には、当オフィスまでお電話かメールにてご連絡ください。
    参加に必要な書類一式をお送りいたします。お送りする書類には、主治医に書いていただく必要の
    ある書類(研究参加紹介状)がございます。主治医とご相談の上、参加が可能でしたら、お申込み
    のお電話をお願いいたします。
   ■お申込み時のお電話では、研究の参加条件を満たしているかどうかについて確認させていただきます。
    お電話での参加条件が満たされていることが確認できましたら、さらに詳しい情報を確認させていただく
    ためにアセスメント面接にお越しいただきます。参加条件が満たされていないことが確認された場合には、
    ご参加をお断りすることもありますのでご了承ください。
   ■ご参加を心よりお待ち申し上げております。
 【医療機関の方へ】
   ■ご紹介いただける患者様がおられ、貴院でご協力いただけそうな場合には、当オフィスまでお電話かメール
    にてご連絡ください。その際、ご希望の部数も合わせてお知らせください。患者様にお渡しいただく書類を
    お送りいたします。
   ■ご入用の場合には、研究計画書を同封することもできますので、お申し付けください。
   ■その他、どのようなことでも構いませんので、ご不明な点などありましたらお気軽にお問い合わせください。
   ■ご協力賜れますよう、ご検討のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

5.お問い合わせ・連絡先
  洗足ストレスコーピング・サポートオフィス
  住所:〒145-0062 大田区北千束2−29−4
  電話:03−5499−4970
  E-Mail: staff@stress-coping.com
    電話受付時間 月曜〜金曜 13時〜20時
         土曜    10時〜17時  ※日祝日は休み

イラスト2
Copyright (C) 洗足ストレスコーピング・サポートオフィス, All Rights Reserved.